無料配信

広告収入による無料配信

広告収入による無料配信

無料着うたサイトは利用者から料金を徴収しないのに、どのようにして着うたを配信するのか疑問に感じたことはありませんか?僕自身、それが最後まで引っかかるところでした。
著作権協会から許諾番号を取得するにも当然ながら費用が掛かるわけで、着うたサイトとして運営するにはある程度の収入が必要になるのはお分かり頂けるでしょう。
結論から言いますと、EnjoySoundは広告収入によって運営費を賄っています。利用者が何曲ダウンロードしようが課金されることもなく、もちろん月額使用料が発生するわけでもないので感心させられます。
一方、有料サイトの場合は月額使用料が発生するところの方が多く、それにプラスして1曲ダウンロードするごとに料金が課金されます。有料サイトと無料サイトを比較すると、利用者の負担は随分と変わってきますよね。
有料サイトでも無料サイトのように広告サイトによる収入はある程度見込めるはずなので、よっぽど収益があるのかなと思ってしまいます。
それを思うとやはり無料着うたサイトは良心的なサービスを提供してくれていますよね。
無料着うたサイトはユーザーがあってこそ運営が成り立つわけで、どのサイトでも存続できるわけではありません。それなりにユーザーの数が必要になってくるということで、利用者に支持されるようなサイトでなければ生き残りも難しいと言えるでしょう。
今後、EnjoySoundのような人気無料着うたサイトを利用される際には、ユーザーからの支持によって成り立っているということを忘れず心に留めておきたいものですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ