スマホで着うたフル利用する際は

スマホで着うたフルを使うには

携帯型端末であるスマートフォンは、大きくAndroid端末とiPhoneに分けられます。
そしてスマホで着うたフルを使いたい場合には、この種類の違いによってやり方も少し変わってきます。
もうすでにどちらかのスマホをお持ちの方なら特に改めて気をつける必要もないのですが、これからスマホに切り替えようと思っている方は(そして着うたフルを設定しようと考えている方は)、どちらかを選ぶ基準の一つとして、この違いについても知っておいた方が良いと思います。

 

ちなみにAndroidというとスマホの機種のことだと思っている人がいるかもしれませんが、そうではありません。
スマホは携帯電話というよりも携帯型のパソコンと考えた方が良いのですが、Androidはその場合のパソコンのOSに当ります。
例えて言えばWindowsのようなものです。
Windowsを搭載したパソコンが富士通やNECなど各社から出ているように、Android搭載のスマホもドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアごとに多くのモデルが発売されています。

 

対してアップル社製のiPhoneは、パソコンに例えるとズバリMacBookといったところです。
他社とは違う独自の個性を持って、多くの固定ファンを有するところもパソコンのシーンとよく似ています。

 

AndroidにもiPhoneにもそれぞれ純正の音楽プレイヤーがプリインストールされていますので、取り込んだ音楽を再生することは特に問題ありません。
ただそれをそのまま着うたフル(あるいは着メロ)として使うことはできません。

 

すでにCDなどから取り込んだ音源を元にして着うたフルを作成する場合、Androidスマホでは専用のアプリを使うことになります。
またレコチョクやMusic.jpなどの音楽配信サイトを利用する場合でも必ずAndroid専用のアプリがあるので、それを使います。
ちなみにほとんどの音楽配信サイトではiPhone向けのサービスは行われていません。
そこがAndroidスマホの優位性と言うこともできます。

 

対してiPhoneでは別にアプリがなくてもMac独自の音楽ソフトであるiTunesで着うたフル作成まで行うことが可能です。
音楽に関することなら他のアプリをインストールしなくてもほとんどiTunesで済ませることができる点がiPhoneのメリットです。

 

スマホで着うたフルを使うには記事一覧

Androidスマホで着うたフルを作る

スマートフォンはこれまでの携帯電話(フィーチャーフォン)の後継機種というよりも、全く別物の携帯型パソコンという方がイメージ的にもしっくりきます。なのでスマホで使われている音楽プレーヤーもパソコンと同等に高機能なものであり、フィーチャーフォンと同様に着うたフルをダウンロードして楽しむことはできません。...

≫続きを読む

 

着うたフルをRingdroidで設定

従来の携帯電話(フィーチャーフォン)で使われていた着うたフルは、厳密には音楽ではなく「着信音」として扱われていたと考えて下さい。もちろん着信音として登録された着うたフルを音楽として聴いて楽しむのは個人の自由なので、何も問題になることはありません。しかしスマートフォンの音楽プレーヤーはパソコンと同様に...

≫続きを読む

 

iPhoneで着うたフルを楽しむ

iPhpneにこだわりを持っているユーザーは、きっとアップル社のファンだろうと思います。パソコンでもアップルファンの人はとことんMacにこだわっているのではないでしょうか。Windowsに比べてシンプルで分かりやすい操作性がMacの特徴だとすれば、同じことがスマートフォンにおけるiPhpneにも当て...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ