iPhpneで着うたフルを設定するには

iPhoneで着うたフルを楽しむ

iPhpneにこだわりを持っているユーザーは、きっとアップル社のファンだろうと思います。
パソコンでもアップルファンの人はとことんMacにこだわっているのではないでしょうか。
Windowsに比べてシンプルで分かりやすい操作性がMacの特徴だとすれば、同じことがスマートフォンにおけるiPhpneにも当てはまると言っても良いでしょう。

 

iPhpneで着うたフルを設定するにはAndroidと違ってアプリは使わず、Macオリジナルの音楽管理ソフトであるiTunesを使って楽曲の編集を行います。
そのやり方を簡単に説明してみましょう。

 

まずパソコンにCDなどから着うたフルにしたい楽曲のデータを取り込みます。
この場合の音楽ファイルの形式はwav、mp3、aacなどどれでもかまいません。
そしてこのファイルをiTunesに登録し、着うたフルとして使える長さに編集しますが、この時に長さが決して40秒を越えないようにすることがポイントです。

 

次にこの編集したファイルをAAC形式で保存します。
さらに保存したファイルを右クリックしてプロパティを選択すると、拡張子が「.m4a」になっていますから、これを「.m4r」に書き換えます。
このファイルをiTunesで再生すると「着信音」として登録されますから、あとはパソコンとiPhpneをつないで着信音を同期させればOKです。

 

iPhpne向けにはJASRACとの絡みもあってか、国内での着うたフル・着メロの配信サービスは現在ほとんどありません。
なのでiPhpneで着うたフルを楽しむためには、面倒でもこの作業がどうしても必要になります。
ただしiPodの実績からみてもiPhpneの音楽プレーヤーとしての能力は非常に優れたものがあると思われるので、一旦設定を終えれば高音質の着うたフルを楽しむことが出来るでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ